お問い合わせはこちらまでどうぞ

ttl-tel.png
ブログ ttl-11-titlebar01.jpg

8月 20, 2014

8月のムービー

“暑さ寒さも彼岸まで”・・・、という言葉がありますが、
その言葉通りに解釈すると来月の20日頃まではこの暑さが続くということに・・・(^^;
あと1カ月は何とかして乗り切るしかなさそうです。

さて、タイトルに「8月のムービー」とありますように、
まるでシリーズ化しているようなタイトルですが今回が初めての記事です(笑)
今後毎月シリーズ化というか、そうできたらいいんですが、
映画を見たときに更新しますんで、ゆるく流してもらえたらと思います。

まず今月の1発目は、“オール・ユー・ニード・イズ・キル”です。
何とも馴染みにくいタイトル名なのですが、トム・クルーズ主演のアクション映画です。

オール・ユー・ニード・イズ・キルポスター 8月のムービー

上の画像にも出てますように、日本原作の映画だそうです。
内容的に申しますと、個人の感想ですがめちゃくちゃ面白いです!!!
感覚的にはトム・クルーズ主演の“オブリビオン”と似ている感じがしました。
この映画が話題になりにくかったのは、この長くて馴染みにくいタイトル名のせいだったかも!
この映画のために肉体改造をしたエミリー・ブラントのアクションも見もので、
男子のファンが増えるのは間違い無しです!!
7月公開の映画なので上映している劇場も少なくなってきてますが、是非!

続いて2発目は、“マレフィセント”です。
この映画はディズニー制作の映画で、アンジーことアンジェリーナ・ジョリーが主演のファンタジー映画です。

マレフィセント 8月のムービー

この映画は総務部の田中と吉村の推しもあって観に行くことに(笑)
今現在も公開中の映画で、洋画の実写版の映画としては
現時点で今年一番の興行収入だそうです。

映画の内容ですが、上の画像とかCMでの予告を見ると少し怖い映画なのかなという印象があったのですが、
いざ劇場に足を運び観てみると、 「やっぱディズニーやん(笑)」て感じでした(^^;
少し怖いシーンもあるんですが、怖いのは角が出てるアンジーだけで、
あとは妖精が飛び回っていたり、ファンタジー的な感じで小さなお子様も楽しめる映画です。
総務部の田中の話によると、アンジーの愛娘も映画のワンシーンに出演しているそうです。
さすがディズニー、そういった隠し話というか遊び心も忘れません!
「やっぱディズニーやん」という印象でしたが、最近はアクション系が多かったアンジーの
母性的な一面も見れたりするので、映画以上に楽しめるかも。
あまり期待はしていませんでしたが、期待以上に面白い映画でした。是非!

今月は2本の映画を観ましたが内容以上に、52歳トム・クルーズの映画に対する情熱と
39歳アンジェリーナ・ジョリーの落着きというか肝のすわった演技が、
日本映画との差をまた大きく開いたなと感じさせられる映画でした。

やっぱアメリカはすごいわ!


Copyright(C)2011-2012 Kitamuraseiko Co,.Ltd. All Rights Reserved.

| ホーム | 製品紹介 | 設備紹介 | 会社概要 | カタログ請求 | お問い合わせ | 採用情報 | プライバシーポリシー | サイトマップ |

当サイトをご覧頂くにあたりブラウザは右記を推奨しています。標準対応ブラウザ:Internet Explorer7,8・Firefox最新版